プロフィール

ジャーちゃん(・ω・)ノ

  • Author:ジャーちゃん(・ω・)ノ
  • ★ジュタロー・2003年9月12日生まれ。浮浪生活の末、インディアナに住み始めてかれこれ6年。最近、なんちゃって空手でようやく茶帯に昇進。現地の小学校と日本人学校の3年生やってます。ゲームに対しては並々ならぬ情熱を持っている。いや、その根性を勉強につぎこんでくれい。

    ★メイ・2007年生まれ。脳内メルヘンお花畑少女。ぶりっ子(死語)と呼ばれるにふさわしい存在。ここだけの話、未だに妹と一緒におっぱいを飲んでパイ歴更新中。誕生日は父ちゃんと同じ12月29日!

    ★アンちゃん・2010年6月生まれ。胎児時代に呼ばれていた『アンちゃん』をミドルネームにした故に、アンにかけてファーストネームが『あづき』になってしまった哀れな三番目。NO!!連発の切れキャラ系。

    ★ジャーちゃん・ブログ管理人。07年末にカメの産卵?10年に小豆を煮て?三人の子の親となる。アラフォー真っ只中のB型人間。

    ★クリボー・ジュタカメアンの乳…もとい父、関西魂薄れまくりの関東風関西人。映画を語らすと朝まで一人でしゃべっちゃう、故・水野晴郎氏もびっくりな父ちゃん。密かにデイトレードにあこがれてる今日この頃。
マリオ・♂
ジュタローのペット
2009年10月生まれ
。・゚゚・:*..*・;・^;・*・;^・;・*..*:・゚゚・。
ジェーシー・♂
管理人の愛犬
ちょっぴり受け口の可愛いヤツ
。・゚゚・:*..*・;・^;・*・;^・;・*..*:・゚゚・。
ヒデキカンレキ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ハロウィンの記事のちかおさんのコメントにもありましたが
この年齢の子供ってとにかくはさみやナイフに興味を持ちますね。
ジュタローのマイブームも切ってぇ斬ってぇキレまくる(汗)
右手でチョキの形を作り、左手の指と指の間にはさみを入れるように
『チョキチョキ~』と切る振りをしてやったり、私が幼稚園の頃に
よく遊んだお弁当箱の手遊び歌で『♪刻みしょうがにごま塩ふって~』
のフレーズのところで右手を包丁、左手をまな板に見立てながら
しょうがを切る振りをしてやったりと遊んでる内に、以後、ナイフや
ハサミを見かけると反射的に『チョキチョキ~』と切りたがるように
なってしまいました。
と言う訳で最近大好きなのが、ナイフで半分に切って遊ぶ野菜のおもちゃ。
友のお宅でもひたすら野菜切りに徹していた我が子を見て
『そろそろ大丈夫かも』と大事にしまっておいためばえ9月号付録の
アンパンマンのキッチンセットを出してみました。

紙で出来た野菜に少し手を加えて、切り離し自在にしたり、コンロのつまみを
作ってよりリアルにしたり、キッチンも補強して耐久性を強めてはみたけれど
力加減を知らないジュタローは、これぐらいすぐ壊せるぜぇと言わんばかりに
壊してくれるので包丁もフライ返しもすでにヨレてしまい私の苦労も水の泡…
しくしく。

友達に、野菜おもちゃの購入先を聞いたのですが日本から持参したとの事。
確かにアメリカじゃあまり見かけないこの類のおもちゃ、一体どこで
買えるのだろうと思っていたら…そうそう思い出しましたよ!

以前、トイザラスで木製のを見かけた事がありました。
それはMelissa & Dougというブランドの木製おもちゃの一つで、この会社
パズルやブロックをはじめ、いわゆる遊んで学ぶ系のおもちゃを全て
木製で生産しており、国内ではかなり有名なおもちゃ会社なんです。
しかしなかなか値が張る。
木製なので高価なのは仕方が無いし、木のぬくもりは情緒を育てる…
とは言いますが、お値段約$20ではやはり買うのに躊躇します。

まぁ何はともあれとりあえずトイザラスへ行ってみます。
が、久々に行くと、何だか陳列棚のおもちゃの雰囲気が変わってる。
あれ?お目当ての木のおもちゃが無いよ。
店員さんに聞いたら『最近在庫一掃した』との事。orz!
ああ、こんな事なら前に買っておけば良かったぁ。
と、落胆する私に店員さんが『ジョニーズトイ(10月17日の記事参照)
に売ってるかも?』と、何とまあご丁寧に情報提供してくれました。
あーそーじゃん!すっかり忘れてました。あの巨大おもちゃ屋なら
きっと売ってるよね♪タンキュ~!!とジュタロー風に

という訳でいざ、ジョニーズトイへ!
店長さんに木製おもちゃ売り場まで連れて行ってもらうと、おおっ♪
あるわあるわ。ピザセットや朝食セットやキッチンなんかも売っていて
自分の幼稚園時代を思い出してしまいました。

年長の頃、教室に木のママゴトセットがあって、遊ぶ時間だったか
休み時間だったかになると、みんな一目散にテレビの後ろにおいて
あったママゴトセットまでダッシュして奪い合いになるんですねぇ。

遠い目になりながらも、値段も原価より$3ほど安いのでここらで
決断しようかと思ってるところへ、いつもの事ながらジュタローが
いきなり逃走。
追っかけて捕まえたところは、いわゆるプラスティック製のママゴト
セット売り場で、ふと見上げると何と切る野菜のおもちゃが目の前に!
しかも値段も1/3!こ、これは買わない手はないぞ~

日本のおもちゃの場合、購入前の中身の判断材料は箱の絵や
説明のみですが、アメリカのおもちゃはほとんどの場合、手で触って
お試し出来るようになってます。
沢山遊ばれてすでに電池を消耗してたり、下手したら壊れてる
おもちゃなんかもあるので、本当に買う場合は吟味する必要が
ありますが、おもちゃは買わなくても遊べると言う妙な概念が
一般化してたりもします。

話が逸れましたが、その野菜おもちゃに付属の包丁には小さなボタンが
ついていて箱にTry Meと書いてありました。
ボタンを押したら『ザクッ!』と野菜を切るいい音が鳴るじゃないですか。
これは面白い。まるで本当に切ってるみたいです。

しかも友達の所にあったのや木製のはマジックテープでくっつくタイプ
のものなので、何度も切ってる内にマジックテープが剥がれる場合が
ありますが、この野菜の場合は合わせる部分の半分が凸、もう半分が
凹になっているので簡単にはまり壊れる事が無い。

おもちゃに限らず、こうやって試せたり返品可能だったりするところが
アメリカのいいところ。早速、棚の奥の方から誰も触ってないと
思われる内の一つを取り出してレジへ持って行きました。

ジュタローは案の定大喜びで、車中、家に着くまでひたすら
ザクッザクッと野菜切りに専念。

ちなみに帰宅後、Food toysなどでググッてみたら出てくる出てくる。
実は結構売ってるんですねぇ、知らなかった。
しかも切るだけでなく剥く作業も出来るおもちゃまでありました。

ちかおさんのコメントにもありましたが、これからは男だって料理を
する時代です。もしかしたらこれを機に料理に目覚め、将来
有名なフレンチレストランのシェフになるやも知れません!笑
と、食事のたびに『肉ぅ~』と言いながら、ミンチになった肉を
口からベチョ~っと出す我が子を前に妄想する母なのでした。
スポンサーサイト

2005/11/22(火) 06:28 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

BlogPetのアサ :

きょうはジュタとハサミへコメントしたかも。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


アマゾンDEお買い物
過去に購入し気に入った物をご紹介ヽ(*^▽^*)/
。・゚゚・:*..*・;・^;・*・;^・;・*..*:・゚゚・。
Shop @ AMAZON
最新のコメント
ブロとも申請フォーム
複合検索
1)標準のblog内検索 2)外部検索エンジンでのblog内検索 3)WEB検索 を一体化。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。