プロフィール

ジャーちゃん(・ω・)ノ

  • Author:ジャーちゃん(・ω・)ノ
  • ★ジュタロー・2003年9月12日生まれ。浮浪生活の末、インディアナに住み始めてかれこれ6年。最近、なんちゃって空手でようやく茶帯に昇進。現地の小学校と日本人学校の3年生やってます。ゲームに対しては並々ならぬ情熱を持っている。いや、その根性を勉強につぎこんでくれい。

    ★メイ・2007年生まれ。脳内メルヘンお花畑少女。ぶりっ子(死語)と呼ばれるにふさわしい存在。ここだけの話、未だに妹と一緒におっぱいを飲んでパイ歴更新中。誕生日は父ちゃんと同じ12月29日!

    ★アンちゃん・2010年6月生まれ。胎児時代に呼ばれていた『アンちゃん』をミドルネームにした故に、アンにかけてファーストネームが『あづき』になってしまった哀れな三番目。NO!!連発の切れキャラ系。

    ★ジャーちゃん・ブログ管理人。07年末にカメの産卵?10年に小豆を煮て?三人の子の親となる。アラフォー真っ只中のB型人間。

    ★クリボー・ジュタカメアンの乳…もとい父、関西魂薄れまくりの関東風関西人。映画を語らすと朝まで一人でしゃべっちゃう、故・水野晴郎氏もびっくりな父ちゃん。密かにデイトレードにあこがれてる今日この頃。
マリオ・♂
ジュタローのペット
2009年10月生まれ
。・゚゚・:*..*・;・^;・*・;^・;・*..*:・゚゚・。
ジェーシー・♂
管理人の愛犬
ちょっぴり受け口の可愛いヤツ
。・゚゚・:*..*・;・^;・*・;^・;・*..*:・゚゚・。
ヒデキカンレキ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

■虫歯

『前と奥に一本ずつ虫歯がありますねぇ、子供の歯は放っておくとすぐ神経まで行っちゃうので早めに処置した方がいいですよ』

先日の歯科検診で虫歯が見つかったので、フッ素を塗ってもらおうとジュタを小児歯科へ連れて行った際に言われた言葉です。
1本だけと思いきや2本もあった虫歯にショックを受けたジャーちゃんはすぐに治療をお願いしてしまったのですが、帰宅後じぃじから『そんな可哀想な目に合わせて』と批判されてからちょっと不安になってきました。

と言うのもその歯科では治療室の奥から泣き叫ぶ我が子の声が聞こえるにも関わらず『母子分離』という歯科医の方針で子供の治療に立ち会えないのです。子供と歯科医の絆を深める云々と注意書きには書いてありましたが、私もその時点で『え?なんで?それって保護者が子供を保護する権利を奪ってるのでは…?』と疑問に思ったのでした。

まだそれほど恐怖心のないジュタは、おもちゃをもらって治療後1分もしない内に私に抱かれて落ち着きを取り戻してはいましたが、治療室で一体どんな治療が行われてるかを知るには今まで聞いた事のないジュタの絶叫で十分すぎるほど分かりました。トラウマになり兼ねない思いをさせた事をちょっと後悔…。

その後、小児歯科医療に関して色々と調べてみました。上記の歯科医が執り行っている方法は、母親が近くにいる事で子供に甘えの心が生じ治療の進行を妨げるという理由から一昔前までは良く行われていたようですが、近年では『虐待と間違われる』『子供を歯科嫌いにする』等の理由からほとんど用いられないくなっているのだそうです。

しかし虫歯があるのに放っておいたらそのうち歯に穴が開いたり黄ばんだり、下手すりゃ永久歯に影響するかも知れません。そうなる前に治療しておきたい!でも歯の場合は一度削ったら再生しないのでやみくもに削らないのが良い治療とも聞くし。でも様子見治療してたら虫歯はどんどん進行していく…。じゃあ一体どうすりゃいいの(悩)!と親としては非常に悩んでしまいます。

現代の医学では常に昨日の非常識が今日の常識になっていますし、十人いれば十人なりの治療法があるはずです。結局のところ、親が少しでも不安に思ったり疑問に思うのであれば、他人がいくら良いからと勧めてもそれが必ずしも良いやり方であるとは言えません。まぁ理想は歯科医と親との治療方針が一致する事なんですが。ちなみに虫歯予防には下記を実践すると良いようです。

(1) 甘いものを控える(適切な食事)
(2) よく噛んで食べる(唾液により歯垢を落とす作用)
(3) 食べたらすぐ歯磨き
(4) 糸楊枝で歯間を綺麗にする
(5) フッ素による歯の強化
(6) に3~4回は歯科検診へ


1も2も3も最近のジュタには通用しません。まだムラ食いするし、どんな食べ物でもまだ半分は丸飲みしちゃうし、たまに食べながら寝ちゃうし…。まぁ日中は滝のようなよだれで自浄作用が働いてるようですが、削ってしまった歯は元には戻らないのでとにかく今はこれ以上虫歯が悪くならないように歯磨きを頑張るしかありません。しかしここ最近また歯磨きされるのを嫌がるようになったり、母乳には乳糖が含まれてるのでそれが虫歯の原因にもなっていると歯科医に言われたりで悩みの尽きないジャーちゃんです。はぁ~凹むわ。
スポンサーサイト

2005/04/12(火) 15:02 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

takumama : 大丈夫ですっ!

すばらしい!!思わずニヤリとさせるリズム感のある文章ですね。楽しませていただきました。ウチのタクぼんは2004年1月生まれですからジュタ君の成長がいいお手本になりそうです。
話が反れましたが、以前読売新聞で母乳の乳糖は虫歯の原因にはならない、とありました。あくまでも砂糖と歯垢とミュータンス菌の合体を原因としていました。タクぼんもオッパイ星人でいまだにガブ飲みです。おかげでワタシの乳は産後直後に比べ倍以上に肥大し動物的な体型になってます。背が低いので胸腹尻の間隔が狭いため単一電池のようだとも言いますが。
またまた話が反れましたが、育児に関しての情報や理想が急激にレベルアップした感のある今日このごろ・・・。ジャーさんがすでにそうされてるように我が子の笑顔が一番の指針だと自身を持って楽しい育児をしていきましょう!!

ジャー : >takumamaさん

最近立て続けにおっぱい星人フレンズが卒乳してるので焦ってましたが、タクママさんの言葉に非常に勇気付けられました、ありがとう!しかも母乳の乳糖が虫歯の原因にならないと言う記事があったとは…あの歯医者の看護婦にゆってやりたいですっ笑 ちなみに私の乳は志村けんのばあさん並みに垂れてしまいました、うう。

きょこやん : 過去記事コメントで

しっつれ~い。
フッ素処置できるスプレーがあるの知ってるかなあ・・・
 レノビーゴっていうのだけど。実物はマツキヨでみた!
ネット販売もあったと思う(少なくとも、「赤すぐ」では売ってた。)
レモン味(?)のスプレーで歯医者のフッ素塗布と同様の効果を歯磨きで…という売り文句だったぞお。
 私も歯医者いかなきゃ。
乳児歯科は重要だよ~
 私は虫歯だらけだったのよ。弟は母ががむしゃらに歯磨きしたおかげで虫歯ゼロ。彼は未だに虫歯になりにくい体質らしい。私はぼろぼろなのに。悔しいよ~
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


アマゾンDEお買い物
過去に購入し気に入った物をご紹介ヽ(*^▽^*)/
。・゚゚・:*..*・;・^;・*・;^・;・*..*:・゚゚・。
Shop @ AMAZON
最新のコメント
ブロとも申請フォーム
複合検索
1)標準のblog内検索 2)外部検索エンジンでのblog内検索 3)WEB検索 を一体化。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。